ゴルプラ女子部 LP BASE体験レポート#1 まいさん編

2019/04/18

ステップアップを目指すメンバーの体験レポート。

スタジオを代表してパフォーマンスコーチの阿久津洋介さんと、
パフォーマンスセラピストの青木豊さんが、伴走してくれることに。
メンバーはプロフェッショナルな理論に裏づけられたトレーニングに
よって、新たな自分に到達することができるのでしょうか?

レポートで追いかけてゆきます。




◆ゴルフ女子が改善したい今のお悩みは? 〜まいさんの場合〜

おおよそ月に3ラウンドぐらいしているという、まいさん。
コースに出る頻度としては一般的には高めですが、
もっと増やしたいと本人は意欲的。
ラウンドではスコアに波があって、
特に後半になるにつれて悪くなる傾向とか。

「ゴルフ歴は約2年でベストスコアは100です。
  実はまだ100切りが達成できておりません。
  切る切る詐欺状態なんです 笑」

「体幹をしっかり鍛えあげて、美しいスイングを手に入れて、
 ラウンドで最後までフォームを崩さずに、
 100切りができるようにしたいんです!」

そんな思いをしっかり受け止めてもらいながら、
カウンセリングがスタート。
まずは今のライフスタイルについてしっかりインタビューに応じながら、
理想の自分像を見つけ出してゆきます。


「10年後の自分を想像したときに、どうありたいですか?」

「じゃあ、そのために5年後はどう過ごせているといいでしょうか?」


普段から考えていないと、
すぐには答えられない質問かも知れませんが、
問いかけに対して頭に浮かんできたキーワードを紡ぎながら、
徐々に理想のイメージが膨らんでゆきます。


「フランスに住んでいる友達に会いに行きながら、
  現地の方たちと一緒に海外ゴルフを楽しんでみたいです」

「トレーニングもそうですが、言葉を勉強する時間も作らないと。
  帰宅後にスマホを触る時間や長めの入浴時間を調整しないと」笑


そんな風にゴルフを楽しむということを中心に置きながら、
理想の実現に向けて必要な要素が徐々に引き出されてゆきます。

そばでやりとりを聞いていると、
ここまで小さな視野でゴルフをしてきたような気持ちにも駆られました。




◆睡眠などライフスタイルから評価

事前アンケートも含め、平日や休日の過ごし方をじっくり聞かれながら、
睡眠の評価や、運動機能評価に、
身体の組成状況など多岐にわたって分析が行われてゆきます。
プロとじっくり向き合いながら、
本格的な雰囲気に思わず背筋も伸びてゆくご様子。

<睡眠評価>

事前の質問アンケートからの睡眠評価からは、
差し当たり大きな問題は出ませんでした。
就寝はだいたい日付が変わる頃で、6時間ほどの睡眠をキープと平均的。
ただ、就寝時間が習慣になってしまったとかで、
翌日にゴルフがあっても早寝ができてないんだとか。

「ラウンドの朝は支度もあるので、いつも通りの時間帯に寝て、
 3時ぐらいには起床。仮眠のみでのラウンドですよね。
 正直午後は眠たいです。」苦笑

それだとラウンド当日のピーキング
(最高のパフォーマンスを発揮すること)において、
普段との差が出てしまうため、
ラウンド前夜の睡眠は早寝へのシフトや睡眠の質向上が必要。

アドバイスとしては、

・土曜日にラウンドを予定していたら、普段と就寝時間を揃える。
・平日と土曜日の睡眠時間の差が2時間以内に収まるようにする。
・土曜日にラウンドで金曜日に飲み会がある場合、
 空腹で行かないことでアルコールの吸収を抑えるようにする。

などラウンド前からのマネジメントの大切さを教えてもらいます。

<運動機能評価>

続いては、いくつか道具を使った運動機能チェックへ。
トレーナーさんの実演を見ると容易にこなせそうに思えるのですが、
いざやってみると上手くバランスが取れなかったり、
なかなかキツイ態勢にバランスを崩して、
フラついたりとバタバタしたり。笑


身体機能評価に関してまいさんの場合、

⑴ 背骨の回旋の左右差
⑵ 体幹の安定性
⑶ 股関節の可動性

に改善ポイントがみつかったようです。

正しく、美しいフォーム形成のためにも、
身体の使い方の下地をこの機会にしっかり作りなおしたいところ。

<体組成>

ラウンドでは後半から特に波が荒くなる傾向だと語っていたまいさん。
キレのある身体に磨き上げて、後半で疲れづらい身体に変化させることが可能です。




◆まいさんの目標はコレ!

インタビューと運動機能チェックを経た まいさん。
トレーナーに導かれるようにして、
徐々に自分の理想像が思い描けてきたようです。
そんな彼女が掲げた目標はコチラ!

【設定目標】
⑴ トレーニング開始から1ヶ月でスコア100切りを目指す!
⑵ 今年の秋に海外でのラウンドを楽しむ!

短いスパンで達成したい目標としてまずは100切りを、
そして少し先には楽しみな目標も掲げました。
きっと、皆さんの中にも共感や共通点を見つけられた人が
多いのではないでしょうか?
達成を目指して、トレーニングはこのあと本格始動してゆきます。




◆初回レッスンを終えて

まいさん  Instagramアカウント:@___m11m___


目標を定めるにあたり、
将来どんな生活をイメージしてるのか?と聞かれ、
ゴルフのあるライフスタイルを想像しながらお話をしていく中で、
これまで漠然としてたものをどんどん明確に引き出していただけました!

日頃の睡眠時間の確保にあたり、
「夜は肩まわりをストレッチすることで入眠しやすくなる」ことや、
「朝の股関節トレーニングをしていくことで体幹筋力アップへ
 つなげていく準備になる」ことも知りました。

またストレッチやトレーニングは難しいものではなく、
自宅で隙間時間にできるものを教えてもらったり。
「つま先の方向とか、呼吸など小さいことですが、
 そういった部分を大切に!」というアドバイスも。
日々のちょっとしたことの積み重ねが大事なんですね。

あとは、トレーナーさんが私の身体の動きを見ただけで、
自分の癖を指摘されてとにかく驚きでしたね!

的確に診断していただくことで信頼度が一気にアップしました。
これから始めるスタジオワークで、
どれだけ生活やゴルフに変化が出るのか?楽しみです!




◆LP BASEとは?

LP BASE Toranomon
公式サイト: http://www.lifeperformance.co.jp/

都心にありながらも喧騒をまるで感じさせないその空間は、心身のトレーニングやトリートメントで自分に向き合う集中力をより高めてくれます。
落ち着いたエントランスの先には最新マシンの充実したコンディショニングルームが広がります。
リラックスできるトリートメントルームやロッカールームも完備。

そして、関心を持たれたゴルファーの皆さんに朗報も!
こちらのLP BASE Toranomonでは、ゴルフのパフォーマンスを向上させるためのコンディショニングセッションメニューがあるんです。
お悩みがちないくつかのテーマを軸に、男性コース・女性コースに分かれたレッスンでリラックスした参加が可能。
本格シーズンが到来しましたが、この機会にご自身のパフォーマンスを改善して、より楽しいゴルフを満喫されてみるのはいかがでしょうか?


gj編集部 https://gj.golfnetwork.plus/

ゴルフのあるライフスタイルをもっと気軽に、
もっとたくさんの女子に楽しんでほしい。
そんな想いから誕生した「gj(ゴルプラ女子部)」。

「gj」は、ゴルフ&ゴルフのある暮らしを楽しみたい
女子のためのライフスタイルを提案しています。

golflife

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む