嬉しいけど悲しい若者ゴルファー

2019/12/12

ゴルフを楽しむ人が増える秋のゴルフシーズン。
楽しくゴルフをするためには最低限のマナーを守ることも大切です!
今回は、ゴルフ場で出合った、ちょっと困った「スロープレー」エピソードをご紹介。




◆20代と思しき若者男子ゴルファー事情

私たちの前の組は、若者2人組。

若者がゴルフを楽しんでくれるのはいいこと!と感動していたのですが、いざ、ラウンドがスタートすると。これじゃ、気分を害する先輩ゴルファーいるよな・・というプレー状況。

とにかくマイペースなんです!

何回も打つから時間がかかるのは仕方がないんです。ただ、クラブは1本しか持っていかなかったり、予備のボールを持っていなかったり、フェアウェイをのんびり歩いていたり・・・。

何が一番困ったかって、カートを動かさないんですよ。2人でボールを探しながらどんどん前に進んでいってしまって、カートが置き去りに。気付いた方が走って戻ってきて動かす。これの繰り返し(苦笑)。

カートに “打ったらカートは動かしましょう” のシールでも貼っておくとよいかもしれませんね。




◆ビギナーさんばかりのコンペ事情 >_<

なんとその日、気になることがもう一つ。

カートを放置してしまう若者2人の前に、2組のコンペのみなさんがラウンドしていたのですが、これがまた大変。。。 2組ともビギナーさんばかりの模様で、打てども打てども進まない。グリーン上も、一人何パットずつするんですか?ってくらい長い。かつ、走る素振りもなくゆっくり歩いて移動。

なんと、あるホールでは、グリーンに1組、セカンド地点に1組、ティーングエリアに1組、カートで2組と、5組も連なってしまうほど。

これはいけません!!
ビギナーさんは自分のプレーに必死で周りのことを考える余裕はないでしょうから、誰か一人先輩ゴルファーさんが一緒についてまわってあげるか、強制でキャディさんをつけてもらいましょう!!




◆「楽しい」と「自由」は一緒じゃない!

どんなスポーツやレジャーにしても、絶対やってはいけないマナーやルールってありますよね?
例えば、トランプゲームで相手の持ち札を見ちゃいけないとか、ダーツなら線より前から投げちゃいけないとか。
みんなが楽しくプレーするために最低限知っておかなきゃいけないこと。先輩ゴルファーのわたし達はしっかり伝えていかないといけないですね。




Kaori https://www.instagram.com/skaori0530/

CURUCURU  悩める女子のゴルフクラブガイド 編集長

年間ラウンド数40回、アベレージ80台の自称エンジョイゴルファー♪

★悩める女性のゴルフクラブガイド
 →https://www.curucuru.jp/club/

★CURUCURU Facebook
 →https://www.facebook.com/curucuru.jp

★CURUCURU instagram
 →https://www.instagram.com/curucuru_golf/





manner

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む