• CURUCURUって?
  • よくある質問
ピラティス

ダイエット効果ありの 姿勢矯正ストレッチ

2017/04/20


こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

最近いくつもの本で紹介されている、足を左右に開いて前屈する開脚ストレッチ。様々なメリットがあると注目されていますね。
股関節周り、内腿やハムストリング(ももの裏側)、お尻、さらには腰から首にかけての背骨や肩甲骨周りの柔軟性を高めてくれるエクササイズが沢山あり、ゴルファーにとっても沢山のメリットが含まれています。
さらには、ダイエット効果や腰痛防止等々もありますので、チャレンジしてみましょう。



◆タオルストレッチ

1.

両ヒザを立てて仰向けに寝ます。片足にバスタオルをひっかけてヒザを曲げます。。



2.

息を吸ってはきながらヒザを伸ばします。



3.

さらに自分の方に引き寄せます。



4.
息を吸って元に位置に戻ります。同様に5回繰り返します。


5.
5回目は、自分の方に引き寄せたまま、軽くゆすりながら30秒ストレッチ。


6.
逆の足も同様に行います。


◆ポイント

1.
曲げた状態からヒザを伸ばした時に、お尻から太ももの裏(ハムストリング)が伸びているのを意識しましょう。



2.
自分の方に引き寄せすぎて、お尻が床から離れてしまうと、効果が半減してしまうので、引き寄せることよりも、お尻から太ももの裏が伸びる位置でストレッチしていきましょう。


悪い例:お尻が床から離れすぎています



3.
さらに伸びを感じたい場合は、曲げているヒザを伸ばしてみましょう。この時もお尻が床から離れない&ゆらゆら揺らすのは忘れずに。


応用編:曲げているヒザを伸ばします。




いきなりももの裏を伸ばすと、硬い方は痛めやすいので、曲げたり伸ばしたりする動的ストレッチを行ってから、静的ストレッチでじわっと伸ばしていきましょう。 お尻と太ももの裏(ハムストリング)が切り離されて、アドレスでお尻が上がり、美しい姿勢が保てるようになりますよ。


太田律子

ゴルフピラティス専用スタジオ「Golcore(ゴルコア)」代表。
都内を中心に、ゴルファーのためのカラダ作りをサポートする、ゴルフピラティスインストラクターとして活躍中。 ネバダ州立大学公認ピラティス(マット&マシン)&ゴルフピラティス指導者、JAPICA公認マットピラティス指導者。

■メッセージ
ゴルフスイングのキーワードは体幹、肩甲骨、股関節。「ゴルフピラティス」で引っ張り合う力(拮抗筋)と柔軟性を高めて飛距離アップ!しなやかで美しいスイングを身につけて、楽しくゴルフを続けていきましょう!

■得意なジャンル
ゴルフピラティス、ピラティス、体幹トレーニング、腰痛・肩こり改善、姿勢改善、ボディメンテナンス、アンチエイジング

■実績
ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」
HP:http://golcore.com/

■Blog
ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』
http://blog.goo.ne.jp/moana787





pilates

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事.

他のカテゴリの記事を読む