寝る前にベッドで5分☆快眠ストレッチ

2017/02/09


こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、ゴルフピラティスインストラクターの太田です。
布団やベッドに入ってもなかなかすぐに寝付けないという方のために、「ぐっすり眠るための睡眠前ストレッチ」をご紹介します。第一弾は足のむくみや疲れをとって、血流を良くするストレッチです。



◆むくみ解消ストレッチ

1.

ヒザを立てて寝ます。片足ずつ膝の高さまで持ち上げます。



2.

(右足) (左足)

リズムよく右足と左足を交互におろして、かかとでお尻を叩きます。呼吸は自然呼吸。



3.

50回続けます。



4.

うつぶせになり、両膝を立てます。



5.

同様にリズムよく右足、左足を曲げて、かかとでお尻を叩きます。呼吸は自然呼吸。



6.

50回続けます。




◆ポイント

  • 仰向けの姿勢で、かかとを交互におろす時は、力を入れずに脱力した状態で、トントントントンとリズムよく交互におろします。
  • 上半身はリラックスしておきましょう。
  • 慣れてきたら、ヒザの向きや足の向きをできるだけまっすぐにすると、矯正にもなります。
  • うつ伏せの姿勢の場合は、両手を頭の下に置いて枕にしておくと、上半身をリラックスして行うことができます。
  • 慣れてきたら回数を100回~300回位まで増やしてみましょう。

力を入れずにリズムよく!
ラウンド後の疲れた足にもおススメです。むくみや疲れた足がすっきり軽くなってぐっすりですね。


太田律子

ゴルフピラティス専用スタジオ「Golcore(ゴルコア)」代表。
都内を中心に、ゴルファーのためのカラダ作りをサポートする、ゴルフピラティスインストラクターとして活躍中。 ネバダ州立大学公認ピラティス(マット&マシン)&ゴルフピラティス指導者、JAPICA公認マットピラティス指導者。

■メッセージ
ゴルフスイングのキーワードは体幹、肩甲骨、股関節。「ゴルフピラティス」で引っ張り合う力(拮抗筋)と柔軟性を高めて飛距離アップ!しなやかで美しいスイングを身につけて、楽しくゴルフを続けていきましょう!

■得意なジャンル
ゴルフピラティス、ピラティス、体幹トレーニング、腰痛・肩こり改善、姿勢改善、ボディメンテナンス、アンチエイジング

■実績
ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」
HP:http://golcore.com/

■Blog
ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』
http://blog.goo.ne.jp/moana787





pilates

今週の新着記事

このカテゴリの記事

他のカテゴリの記事を読む