• CURUCURUって?
  • よくある質問
ピラティス

腰を緩める快眠ストレッチ

2017/02/16


こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

突然ですが、朝起きた時、皆さんの寝相はいかがでしょうか?寝た時と起きた時がほとんど同じ姿勢、という方は、寝返りをほとんどしていないかもしれませんね。
赤ちゃんは、1日に60回寝返りを打って、その日のうちにゆがみを整えています。寝返りは左右のゆがみ解消にはとても大切なのですが、背骨周りや腰周りがカチカチだと寝返りがうまくいかず、筋肉が緊張したまま寝てしまい、起きた時にはなんだか疲れが取れていない!?となってしまいます。
背中や腰をストレッチで緩めてからぐっすり寝ましょう。



◆腰のストレッチ

1.

仰向けに寝ます。



2.

息を吸って吐きながら、右ひざを右胸に近づけます。



3.

息を吸って吐きながら、左手で右ひざを左に倒します。顔は右に倒します。何度かゆっくり呼吸を繰り返します。



4.

同様に左足も行います。




◆ポイント

  • ヒザを胸に近づけているときは、伸ばしている方の足と頭で引っ張り合います。
  • ヒザを右に倒す時は、右肩が浮かないところまでにします。そのまま、呼吸を繰り返すと、少しずつ深まっていきます。
  • 左右とも、何度か繰り返すとさらに、背中から腰にかけての凝り固まりが緩んできます。
  • 肩に力が入りやすいので、上半身はリラックスしておきましょう。

ラウンドの後、ストレッチなしで寝てしまって起きたら背中がバキバキ!?なんていう方にも、おススメのストレッチです。ゆっくり呼吸しながら繰り返していきましょう。


太田律子

ゴルフピラティス専用スタジオ「Golcore(ゴルコア)」代表。
都内を中心に、ゴルファーのためのカラダ作りをサポートする、ゴルフピラティスインストラクターとして活躍中。 ネバダ州立大学公認ピラティス(マット&マシン)&ゴルフピラティス指導者、JAPICA公認マットピラティス指導者。

■メッセージ
ゴルフスイングのキーワードは体幹、肩甲骨、股関節。「ゴルフピラティス」で引っ張り合う力(拮抗筋)と柔軟性を高めて飛距離アップ!しなやかで美しいスイングを身につけて、楽しくゴルフを続けていきましょう!

■得意なジャンル
ゴルフピラティス、ピラティス、体幹トレーニング、腰痛・肩こり改善、姿勢改善、ボディメンテナンス、アンチエイジング

■実績
ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」
HP:http://golcore.com/

■Blog
ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』
http://blog.goo.ne.jp/moana787





pilates

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事.

他のカテゴリの記事を読む