ゴルフボールの替え時っていつ?

2018/2/15

せっかく買ったお気に入りのボール。無くさず使ってもう〇年!そろそろ表面の傷がきになってきたけど、ゴルフボールに寿命ってあるのかな?そう。ゴルフボールにも寿命と替え時があるんです!あなたはどんなタイミングでボールを変えますか?



◆ゴルフボールの寿命

通常の保存状態(常温・直射日光避ける・圧がかかっていない)で5年くらいとのこと。カワイイボールだからもったいなくてずっと使っていない・・・なんて、暖め過ぎると、そのうちにボールが本来の機能をはたさなくなってしまい、ラウンドで使えなくなることも・・・(笑)もったいないから・・・と使わないほうがもっともったいないんです!

夏の車に積みっぱなしにしていてずっと暑いところに放置していたり、池の水につかっていたロストボールなどは劣化も早くなります。拾って使おうとしたときには、もうすでに寿命が来ているかもしれません。 そんなボールでショットすると、思わぬ距離や方向に行ってしまうこともあり得ます。ボールの寿命を確認しておくのも、良いゴルフには必要ですね。



◆保管温度には注意して

ゴルフボールは70度くらいの温度に温めてしまうと表のカバー部が柔らかくなって変形してしまうこともあるようです。となると、冬のカイロは注意しなくてはいけません。ポケットの中でカイロとボールを一緒に入れておくと、変形の恐れがあるということです!!競技の場合、意図的にボールを温めて飛距離を出す行為はルール違反になってしまいますので、その点も注意しましょう。

真夏の車の中にゴルフボールを放置するのもNGです。真夏の社内温度が高いのは皆さんご存知のはず。クラブやキャディバッグはもちろんですが、ボールも車内置き去りにしないようにしましょう。



◆傷がついたら交換

ボールに傷がついてしまうのはどんな時でしょうか。 ェッジでショットすると傷がつく、と言いますが女子ゴルファーのスイングパワーではあまり気にならないかも^-^;それよりも、カートパスなど硬いところにはねたボールは一発で傷がついてしまいます!芝ではない跳ね方をした後のボールは、大きな傷がついていないかチェックしてみましょう。ささくれができていたり、削られていたりした場合はホールアウト後にボールを変えましょう。

また、バンカーから打ったボールは砂でこすれて傷がついています。バンカーショットをしたホールは、グリーンオンした後はマークしてからしっかり拭きましょう。そのままパッティングしてしまうと、傷や砂の影響で転がりが悪くなってしまいます。砂のせいで入らなかった、なんてイヤですよね>_<



◆ボールで気分を変えられる

ラウンド中、調子が悪いのをボールのせいにして、気分一新するのもアリ!ラウンド中に気分で変えられるのはボールくらいですよね。色や柄が変わると、気分も変わります。
※ただし、競技中は注意してください

仲間内のエンジョイゴルフでも、念のためボール変えます、の一言を忘れずに。





HACO

職業:フィットネスインストラクター

ゴルフ歴10年 ゴルフの全てを楽しみたいアラフォー女子ゴルファー
『また一緒に回りたい』と思ってもらえるゴルファーになるためのあれやこれやを提供します(^^

golflife

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む