• CURUCURUって?
  • よくある質問
ゴルフライフ
FJスタイルはGOLF5でキマる!!

ラウンドと練習でシューズは変える?

2018/3/8

打ちっぱなしなどの練習場で、あなたはどんなシューズを履いていますか?ラウンド用で履いていたものが少し古くなったからそれを練習用に下ろしたり、練習用に軽いもの、やわらかいもの、スパイクレスのものを買ったり。
でも、オススメは、ラウンドで履くシューズと同じものか感覚が近いものなんです。その理由は、高さ、硬さ、地面をグリップする感覚が靴によってかなり違うから!練習どおりに打ちたいなら、ラウンドと練習は同じ感覚でスイングできるシューズのほうが良いハズ!



◆ラウンド用のお古なら、同じメーカーの同じシリーズで

練習用のシューズは、ラウンド用だったものが古くなったものを下す、という方もいますよね。その場合、できれば新しいシューズを買う時に今までと同じメーカーの同じシリーズが良いでしょう。新しく買ったシューズが全く違うメーカーのものの場合、感覚が大きく変わってしまうことがあります。

紐をしっかり絞めても、靴底が自分の足よりも幅が広すぎるとシューズの中で足が動いてしまい、とってもスイングしにくくなります。逆に、自分の足よりも細いタイプを履いてしまうと、縮こまることで足がしっかりと使えず足元がしっかりグリップしてくれません。

メーカーによって足幅が広かったり、狭かったり違いがあります。同じサイズだから大丈夫だと安心せず、必ず試し履きをしてから購入しましょう。ネット購入の場合は、今使っているメーカーと同じ、できればシリーズも同じものだと安心です。そのまま練習用に下ろした時も、ラウンドと練習とで同じ感覚のシューズで動くことができますよ。



◆練習用で買うなら、感覚が近いもので

練習場の地面は様々。本物の芝が敷いてあるところはまれで、人工芝のマットか、足元はゴムマットのところが多いようですね。地面が違うだけで足元の安定感は代わります。ラウンド用のソフトスパイクタイプだと、ゴムマットでは逆に滑りやすくなってしまうこともあり、打ちにくかったり足に負担がかかってしまいます。その日に行く練習場の足場がどういうタイプなのかで練習用のシューズを変えるのが一番良いでしょう。

いつも行く練習場の足元がゴムマットの場合は、スニーカータイプでも良さそうですが、一つ注意したいことが!スニーカータイプの場合、ラウンド用のゴルフシューズと足裏のソール高が大きく違う場合があります。スパイクの分だけゴルフシューズが高く感じることや、おしゃれなスニーカーだと厚めのソールになっていることもあります。

シューズを履いてアドレスしたときの目線の高さが変わってしまうと、もちろん前傾角度や目線の高さが変わるので、練習と本番の感覚が大きく変わってしまいます。足裏のグリップ感だけではなく、高さが変わらないシューズ選びをしてみましょう。



◆合わないものやサンダルは論外

では、足に合わないシューズでスイングしているとどうなるのでしょうか?ゴルフスイングは足をとても使います。普通に歩くだけでも、合わないシューズだと靴擦れしたりマメができたりしますよね。ゴルフではもっともっと足を使います。合わないシューズでのゴルフスイングは、足を痛めるだけではなくスイングも崩してしまいます。面倒でも、しっかりと履き替えて練習しましょう。

また、夏にサンダルで練習している男性を見かけますが、これは論外!滑って自分がケガをするだけではなく、滑った拍子にクラブがすっぽ抜けて飛んで行ったり、あらぬ方向に振り回されて周りの人が危険です。ハイヒールの女性も同じく論外!サンダルやハイヒールでの練習は、ほとんどの練習場で禁止されています。シューズをレンタルできる練習場も多くありますので忘れてしまった場合はレンタルしましょう。



◆ゴルフも足元から

練習での成果が本番ラウンドで出せない・・・とお悩みの方。一度、練習での足元を見直してみてはいかがでしょうか?

HACO

職業:フィットネスインストラクター

ゴルフ歴10年 ゴルフの全てを楽しみたいアラフォー女子ゴルファー
『また一緒に回りたい』と思ってもらえるゴルファーになるためのあれやこれやを提供します(^^

golflife

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事.

他のカテゴリの記事を読む