• CURUCURUって?
  • よくある質問
ゴルフライフ
FJスタイルはGOLF5でキマる!!

OUTから派?INから派?

2018/5/31

ゴルフの予約時、OUTコースとINコース、どちらも希望のスタート時間が空いている場合、あなたはどちらで予約を取りますか?

どっちからが回りやすい?
どっちから回るほうが好き?

そもそもどちらから回るほうがセオリーなのでしょうか。




◆INは難しい?

INコースのほうが難しい、そんな噂を聞いたことがありますが、それは果たして本当なのでしょうか?

ゴルフ場がそれぞれのコースに設定しているハンデキャップを調べてみると、多くのコースはOUTコースとINコースのハンデがほぼ同じになっています。

ということは、難易度にさほど差は無いということです。

ゴルフ場としても、OUTとINであまり難易度に差をつけるとスロープレーの原因になることもあり、あまり差をつけないほうが良いとされているようですね。

ではなぜ、INのほうが難しい・・・という噂があるのでしょうか?


一般的には、1番ホールからスタートして18番ホールが最終ホール。コースの設計者はその流れで楽しめるようにゴルフコースを設計しているので、後半のプレーでの盛り上がりや楽しむための工夫が後半INコースに仕組まれている、という理由のようです。

しかし、プレーヤーの個性や体力によっては、スタートしたOUTコースのほうが難しく感じることもあるでしょう。設計者の意図を感じながらゴルフを楽しみたい、という通好みのゴルファーはOUTから回るほうがよりゴルフを楽しめるのでしょう。




◆好みはどっちから?空き状況によって

とは言え、OUTからのほうがやはり人気があるようなので、予約のタイミングによってはINコースからスタートすることも。


ビジターで回る場合は、メンバーさんで埋まっているOUTコースからを避け、INコースから回るほうが気楽で良い、という方もいます。またINコースから回ったほうがなぜかスコアが良い、という縁起を担いで敢えていつもINコースを予約するという方もいます。

難易度にさほど違いが無いのであれば、空いているほうで予約したほうが気楽に回れますよね。




◆コースがいくつもあるゴルフ場では

OUT、INコースだけでなく、27ホール、36ホール、72ホールなど多くのコースがあるゴルフ場もあります。コースの個性に合わせてコースそれぞれに名前が付けられていると、どんなコースなのか想像してワクワクしますよね。

一般的には、回る順番が決められてるようですから、回りたいコースが入るように予約してみましょう。同じゴルフ場であってもコースが違うと、まるで別のゴルフ場を回っているかのように景色やレイアウトの違いを楽しむことができます。

距離の違いだけではなく、広いけれどハザードが多いコース、OBは少ないけれどフェアウェイが狭く戦略性が必要なコース、短くても落としどころが限られるコース・・・など、自分のゴルフとの相性も楽しむことができます。

前半は、その日の自分のゴルフの調子を確かめるために距離が長くてもフェアウェイが広いコースを選び、後半は戦略性が求められるコースで「考えるゴルフ」を楽しもう!
予約時にそこまで選べると、当日のゴルフがより楽しめるのではないでしょうか。



◆何度も回っているコースで自分のゴルフを知る

メンバーになっているコースや、何度も回っているコースでのスコアから、自分のゴルフの特徴を知ることができます。

どちらかのコースのほうがスコアがいつも良いのであれば、そこにあなたのゴルフが上達するヒントが隠されているのかもしれません。何が得意で、何が不得意なのか、それを知ることは上達に欠かせません。



HACO

職業:フィットネスインストラクター

ゴルフ歴10年 ゴルフの全てを楽しみたいアラフォー女子ゴルファー
『また一緒に回りたい』と思ってもらえるゴルファーになるためのあれやこれやを提供します(^^

golflife

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事.

他のカテゴリの記事を読む