PRGR『Q』を打ってみた

2018/11/29

プロギアから発売された新発想のクラブ。
ゴルファーがプレー中に遭遇する悪いライからのショットなど窮地を救い、より楽しくさらにスコアアップを実現するクラブ、それが『Q』

ずっと気になっていたこの『Q』にレディースクラブが登場ということで、早速試してきました。




◆『Q』の特徴は、デザイン!


<※私のグローブとカラーリングがかぶっていますが偶然です(笑)>

他にはない『Q』の特長は、地面との接触面を減らしたオールラウンド・ソール形状。このソール形状のおかげで、ヘッドの直進性と抜けの良さを実現し、傾斜地でもひっかかることなくスイングが安定するのです!




◆4種類の『Q』

『Q』には、Q18・Q23・Q28・Q33と5°間隔で4種類あります。全部揃えると言うよりは、必要な番手だけ追加するイメージでしょうか。

窮地を救うクラブなので、無理をせずに確実に飛ばせる飛距離のクラブを選ぶとよいと思います。わたしは、7番アイアンが苦手なのでその距離が打てる、かつ、ユーティリティが得意、ということからQ28もしくはQ33を狙っています。




◆『Q』の出番はこんな時

深いラフ、ふかふかのラフで威力を発揮する『Q』さま。力がないので、芝の抵抗に負けてしまいクラブが上手く抜けずチョロしたり思いもよらない方向に飛んでいってしまうことが多々。
でも、この『Q』さまは芝生の抵抗を受けることなくスムーズにぬけ、気持ちよくフィニッシュまでクラブを振りきれるんです。なので、距離もしっかり稼げるし、ラフからでもグリーンが狙える魔法のクラブです。バンカーからも簡単に脱出できて、名実ともに“窮(Q)地を救ってくれる”クラブで間違いありません。




Kaori

CURUCURU  悩める女子のゴルフクラブガイド 編集長

年間ラウンド数50回、90代前半の自称エンジョイゴルファー♪

★悩める女性のゴルフクラブガイド
 →https://www.curucuru.jp/club/

★ゴルフ女子応援部
 →http://ameblo.jp/curucuru-golf/

★CURUCURU Facebook
 →https://www.facebook.com/curucuru.jp

golflife

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む