ゴルフとAI!?キャロウェイのケタ外れの技術力

2019/01/17

『ドライバーはAI時代』

今回のモデル発表にあたってキャロウェイゴルフが打ち出したコピーである。

2019年にキャロウェイゴルフから発売になるのは、2017年に空前のムーブメントを巻き起こしたEPICの後継モデルで、業界人のみならず多くのゴルファーが情報解禁前から大注目。

その話題のクラブが、2019年1月8日、ついにお披露目になりました。




◆ゴルフに『AI』って何!?


今回発表になったのは “EPIC FLASH”。AI(人工知能)を初めてクラブ開発に導入して完成した第一号です。

スーパーコンピューターを駆使し、通常では34年もの膨大な時間がかかるほどの多くのデザイン開発を可能にし、独特な形状の「FLASHフェース」を生みだしだのです。 この「FLASHフェース」はAIが自己学習を繰り返して導きだした形状であり、開発において、人だと8~10回しかできない設計・修正を、15,000回も同じ工程を繰り返し実行した結果生みだされました。

これまでにキャロウェイゴルフが培った技術「JAILBREAKテクノロジー(2つの柱)」との相乗効果が、常識と想像を超えたかつてない飛びを現実とするのです。

AIテクノロジー搭載のEPIC FLASH STAR Women’sシリーズは、ドライバーとフェアウェイウッドが2月に発売(予定)になります。
(もちろん、打ちくらべセットにも導入予定です!お楽しみに☆)




◆プロお墨付きのEPIC FLASH

記者発表会のゲストは、キャロウェイスタッフプレーヤーの上田桃子プロと石川遼プロ、理学博士でもありサイエンス作家の竹内薫氏。

両プロは、実際にEPIC FLASHを打った感想をこう述べていました。

上田プロ
「イメージでいうと男子っぽい、男前な弾道です。女子の世界もキャリー重視のパワーゲームの時代になってきているので、時代に合ったドライバーという感じがします。」

石川プロ
「ボールが落ちるまで勢いが落ちない感じで、今までにない強さです。明らかに飛ぶ球で、実際に飛んでます。」

プロお墨付きのEPIC FLASH。2019年のトーナメントで何人のプロが使用するのか楽しみです。




◆お土産は3月発売のボール

発表会のお土産にいただいたのは、2019年3月に発売予定の「SUPERSOFT MAGNA」(左)と「E・R・CSOFT」(右)の2種類のボール。

「SUPERSOFT MAGNA」は、ルール適合のオーバーサイズボール。スタンド―ドのものより3%オーバーサイズになっています。オーバーサイズは、①アドレスしやすい②クラブの芯にあてやすい、という2つの利点があるそうです。E・R・Cボールは、日本モデルとして発売されていた飛距離に特化したブランドで今回発売になる「E・R・C SOFT」はこのE・R・Cブランドのグローバルモデルです。トリコロールの3本ライン(トリプル・トラック・テクノロジー)は航空機が着陸時に目標とするラインと同様で、正確にターゲットを狙うことを可能にするそうです。

どちらも試してみたいですね!




Kaori

CURUCURU  悩める女子のゴルフクラブガイド 編集長

年間ラウンド数50回、90代前半の自称エンジョイゴルファー♪

★悩める女性のゴルフクラブガイド
 →https://www.curucuru.jp/club/

★ゴルフ女子応援部
 →http://ameblo.jp/curucuru-golf/

★CURUCURU Facebook
 →https://www.facebook.com/curucuru.jp

golflife

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む