限界突破!eggの威力を実感。

2019/09/12

先日の発表会で御対面した9・13(金)に発売になるNew egg。
https://www.curucuru.jp/motegol/golflife/14309

今回、ゴルフ場での試打ラウンドに参加してきました。
何を隠そうMyクラブがPRGRの私は興味津々・・・>_<




◆見たことない7Iの飛距離(笑)

恐ろしい程飛んでしまったのが、7番アイアン!

いつもコラムを読んでいただいてる方はご存じかと思うのですが、わたしはアイアンが苦手な上に、7番アイアンが大の苦手で大キライ。
なのに、そんなわたしがeggアイアンの7番で、バカ飛びさせてしまったのです^-^;


※千葉カントリークラブ公式サイトより

こんな感じのショートホール。レッドティーからグリーンのセンターまでは109ヤードで、この日のカップ位置はグリーンほぼセンター。

普段は6Uを選択することが多い距離なのですが、飛び系アイアンのeggですから7番アイアンを選択。7番アイアンを手にした瞬間、実は、違和感があったんです。「なんか、これ、打てそう♪」という良い意味での違和感。

違和感は間違いではありませんでした・・・。打った瞬間「まずい、これはナイスショットかも!」と思いながら弾道を追っていくと、グリーンを大きく越えて奥の池にドボン!!

嬉しい悲鳴とはこのこと(笑)推測ですが、120ヤードくらい飛んでいたのでは。
飛距離の壁を突破しました!

“打てると思ったら打てる!”
いっきに7番アイアン恐怖症、克服です♪ (eggアイアン、買うしかないかも・・・・)




◆2種類のドライバー

“ゾっとするほどやさしい”eggドライバーは、44.25インチのNEW egg 5500ドライバー(写真右シャフトカラー黒)と43.25インチのNEW egg 5500 ドライバー impact(写真左 シャフトカラー白)の2種類。

長さがある方が遠心力がより発揮されヘッドスピードがあがり飛距離が出ると言われています。なので、もちろん、44.25インチの方が、トータル飛距離としては飛んでいました。でも、身長の低い私(153cm)は、長いクラブだと1発の当たりは大きいのですがクラブに振られてしまい安定感が保てずミスショットも多々。ところが43.25インチの方を打つと、ほぼ100%の確率でまっすぐとび、飛距離も安定、なにより、打った時に「あたった感」を感じられ、気持ちよく次のショットにむかえたのです!

どちらが合うかは個々によって異なるので、実際に打ちくらべてみて欲しいです!

ちなみに、この日一緒にラウンドしたL嬢は、44.25インチのドライバーが抜群に合ってました^-^




◆感動しまくったTUNEウェッジ

『PRGR TUNE』という工房での組み立てを前提とし調整機能をもったモデルのクラブなのですが、このシリーズのウェッジが驚くほど打ちやすくバンカーから100%で1発脱出ができる優れものでした。

“工房”とか“組み立て”という単語を聞くと、「あぁ、上手い人用のクラブね」と自分が使えるものではないと判断し選択肢から除外している人が多いと思います。実際、私もそうです(笑)
レディースクラブを使っている私なんかには使いこなせないものだろうな・・と思っていましたが、レディースクラブのセットになっているAWやSWより断然うちやすかったのです。これぞ、目から鱗。

レディースクラブよりも重みがあるので、バックスイングでクラブを上げると、勝手に元の位置に落ちて戻ってきてくれるイメージ。上げて下ろす。この簡単な動作を勝手にやってくれるのです。

特に64°のウェッジは、グリーン周りのバンカー1発脱出率100%。普通に構えて普通に打つだけ(笑)

バンカーが苦手、グリーン周りの短いアプローチが苦手、という人にオススメのウェッジです!




◆クラブは実際に試して!

クラブ購入はまだ先・・と思っている人も、一度打ってみて違いを感じてみてください!
https://www.curucuru.jp/club/rental_c




Kaori https://www.instagram.com/skaori0530/

CURUCURU  悩める女子のゴルフクラブガイド 編集長

年間ラウンド数40回、アベレージ80台の自称エンジョイゴルファー♪

★悩める女性のゴルフクラブガイド
 →https://www.curucuru.jp/club/

★CURUCURU Facebook
 →https://www.facebook.com/curucuru.jp

★CURUCURU instagram
 →https://www.instagram.com/curucuru_golf/

golflife

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む