• CURUCURUって?
  • よくある質問
ピラティス
FJスタイルはGOLF5でキマる!!

お腹を鍛えてパワーと可働域をアップさせよう

2018/2/8

こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、ゴルフピラティスインストラクターの太田です。
今回もボディライン維持のためのお腹のピラティスの紹介です。一緒に脚を動かしますので、むくみ予防にもおすすめのエクササイズです。ゴルフに必須のパワーと股関節の可動域アップにも効果あり。早速やっていきましょう。



◆シングルレッグストレッチ

1.


ヒザを立てて座り、骨盤はニュートラルポジション。右ひざをヒザの高さまで持ち上げます。右手はすねの外側。左手は右ヒザ内側にセットします。




2.

息を吸って吐きながら骨盤後掲(Cカーブ)、上半身を起こします(ヘッドロールアップ)。




3.

左脚を床から45度位の角度に伸ばします。




4.

右脚と左脚を入れ替えます。呼吸は2回ずつ(吸って吸ってはいてはいて)繰り返します。




5.
左右5回ずつ繰り返します。






◆ポイント

1.
エクササイズ中、肩に力が入らないように気をつけましょう。




2.
ヘッドロールアップ中、目線は天井を見上げてしまうと首に負担がかかりますので、お腹から左右の太もも内側あたりにしましょう。




3.
伸ばしている脚が下がってしまうと、腰に負担がかかりますので、きつい場合は天井に持ち上げましょう。


4.
伸ばしている脚は、坐骨から遠くに引き伸ばすようにストレッチします。


ヘッドロールアップが苦しい場合は、頭は床におろしたままでもOKです。しっかりお腹に利かせていきましょう。



太田律子

ゴルフピラティス専用スタジオ「Golcore(ゴルコア)」代表。
都内を中心に、ゴルファーのためのカラダ作りをサポートする、ゴルフピラティスインストラクターとして活躍中。 ネバダ州立大学公認ピラティス(マット&マシン)&ゴルフピラティス指導者、JAPICA公認マットピラティス指導者。

■メッセージ
ゴルフスイングのキーワードは体幹、肩甲骨、股関節。「ゴルフピラティス」で引っ張り合う力(拮抗筋)と柔軟性を高めて飛距離アップ!しなやかで美しいスイングを身につけて、楽しくゴルフを続けていきましょう!

■得意なジャンル
ゴルフピラティス、ピラティス、体幹トレーニング、腰痛・肩こり改善、姿勢改善、ボディメンテナンス、アンチエイジング

■実績
ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」
HP:http://golcore.com/

■Blog
ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』
http://blog.goo.ne.jp/moana787





pilates

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事.

他のカテゴリの記事を読む