カートを使ったこっそりストレッチ★

2018/7/12

こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

ラウンド中の待ち時間にできる「腰周りのストレッチ」のご紹介です。
背中から腰、さらにはお尻、太ももの裏側(ハムストリング)、ふくらはぎと全身まで気持ちよく伸ばすことができる簡単な腰のストレッチです。アドレス時の反り腰防止に加えて、お腹の引き上げにも効果があります。




◆腰のストレッチ

1. カートの横や後ろに腰幅くらい立ちます。

2.

両手でカートのふちなどを持ち上半身を前に倒し、お尻を後ろに突き出します。

3.

息を吸って吐きながら、両肩の間に頭を入れて、背中から腰、さらにはお尻や腿の裏側を伸ばします。

4.呼吸を何度か繰り返し、少しずつ背中回りや腰周りなどを伸ばしていきましょう。




◆ポイント

1. 息を吐くたびに少しずつ伸びてきますので、無理をせず、気持ちよい所を見つけていきましょう。

2. ストレッチ中は、お腹を背中の方に引き寄せておきましょう。

3. 【応用】

カート以外にもクラブを使っても同様にストレッチが可能です。
グリップを床につけて、ヘッドを持ち、同様に行ってください。
慣れてきたら、両手でクラブを前に押すと、両脇も伸びます。



腰痛の方は、こまめに行ってください。
私もラウンド中必ず行っています。
背中や肩甲骨周辺のコリも取れてきてとてもおすすめのストレッチです。




太田律子

ゴルフピラティス専用スタジオ「Golcore(ゴルコア)」代表。
都内を中心に、ゴルファーのためのカラダ作りをサポートする、ゴルフピラティスインストラクターとして活躍中。 ネバダ州立大学公認ピラティス(マット&マシン)&ゴルフピラティス指導者、JAPICA公認マットピラティス指導者。

■メッセージ
ゴルフスイングのキーワードは体幹、肩甲骨、股関節。「ゴルフピラティス」で引っ張り合う力(拮抗筋)と柔軟性を高めて飛距離アップ!しなやかで美しいスイングを身につけて、楽しくゴルフを続けていきましょう!

■得意なジャンル
ゴルフピラティス、ピラティス、体幹トレーニング、腰痛・肩こり改善、姿勢改善、ボディメンテナンス、アンチエイジング

■実績
ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」
HP:http://golcore.com/

■Blog
ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』
http://blog.goo.ne.jp/moana787





pilates

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む