ラウンドした日は寝る前にストレッチを

2018/9/06

こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

今回は首から腰、仙骨まで背骨全体を緩める簡単なストレッチです。

ラウンド後に何もしないで寝てしまい、朝起きたら体がガチガチ・・・・という経験ありませんか?ストレッチは必要と分かっていても疲れていてできないという方のために、寝る前に簡単にできるストレッチです。




◆背骨のストレッチ

1. 仰向けに膝を立てて寝ます。

2.

息を吸って吐きながら右膝、左膝の順番で胸に近づけ、両手で両膝を抱えます。

3. 息を吸って吐きながら左右にゆらゆら体をゆらします。何度か繰り返します。

4.

両膝を抱えた姿勢で、息を吸って吐きながら頭を持ち上げ、顔を両膝に近づけます。その姿勢のまま10秒キープします。息を吸って頭を下ろし10秒休憩、何度か繰り返します。




◆ポイント

1. 左右に体を揺らす時は、最初は小さな幅から行い、ほぐれてきたら、さらにゴロンゴロンと転がってみましょう。

2. 頭を持ち上げるときは、目線はお腹です。顔を両膝に近づけると同時に、両膝も頭の方に引き寄せ、できるだけ丸くなります。お腹も背中の方に引き寄せておきましょう。




寝る前に簡単にできますので、とてもおすすめです。
なお、胸に近づけた両膝をそれぞれの手で持ち、股関節を回すと股関節も緩むのでこちらも併せて行ってみてください。




太田律子

ゴルフピラティス専用スタジオ「Golcore(ゴルコア)」代表。
都内を中心に、ゴルファーのためのカラダ作りをサポートする、ゴルフピラティスインストラクターとして活躍中。 ネバダ州立大学公認ピラティス(マット&マシン)&ゴルフピラティス指導者、JAPICA公認マットピラティス指導者。

■メッセージ
ゴルフスイングのキーワードは体幹、肩甲骨、股関節。「ゴルフピラティス」で引っ張り合う力(拮抗筋)と柔軟性を高めて飛距離アップ!しなやかで美しいスイングを身につけて、楽しくゴルフを続けていきましょう!

■得意なジャンル
ゴルフピラティス、ピラティス、体幹トレーニング、腰痛・肩こり改善、姿勢改善、ボディメンテナンス、アンチエイジング

■実績
ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」
HP:http://golcore.com/

■Blog
ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』
http://blog.goo.ne.jp/moana787





pilates

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む