車の中でできる「足首踵&足の甲」エクササイズ

2018/12/6

こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

ゴルフ場まで移動中の車や電車の中でできる、簡単なエクササイズのご紹介です。
ゴルフ場に行くまでの移動時間、皆さんはどんなことをされていらっしゃいますか?
東京近郊に住んでいる場合は、最低でも1時間、遠いと2時間くらいかかる場合もありますので、この移動時間を有効に使ってみませんか?
一つ目はアドレスの土台となる足首です。ふくらはぎ、脚のスネ、そして足の甲を動かし、スタートホールからしっかり足を使ってスイングできる準備をしましょう。




◆足首のエクササイズ

1.イスに浅めに両脚をそろえて座ります。骨盤はニュートラルポジション。

2.

息を吸って両足のかかとを持ち上げます。息を吐きながらおろします。10回繰り返します。

3.

息を吸って、両足のつま先を持ち上げます。吐きながら持ち上げます。10回繰り返します。

4.

息を吐きながら、両足の甲をストレッチします。




◆ポイント

1.踵を持ち上げるときは左右の足の指5本ともそれぞれ、しっかり床を踏みしめましょう。特に母指球と小指球をしっかり押しましょう。無意識に行うと、小指側に足が落ちてしまいやすいので、気をつけましょう。それを防止するために、両膝をそろえて、左右の内腿と踵が離れないようにしながら行ってください。

2. つま先を持ち上げるときは、両足を腰幅位に開き、片足ずつ行ってもOKです。足のスネのトレーニングです。

3. それぞれ、10回を1セットとして何セットかくりかえしましょう。




このエクササイズは運転をしている場合はできませんが、電車の中でも簡単にできるエクササイズです。もちろん、カートに乗っているときも、ランチの時もできますし、日常生活でもできますね。かかとのアップ&ダウンはむくみ防止にもおススメですよ。せっかくなので、お腹から足を持ち上げるつもりでおこなってください。お腹や脚の付け根にも効果ありです。




太田律子

ゴルフピラティス専用スタジオ「Golcore(ゴルコア)」代表。
都内を中心に、ゴルファーのためのカラダ作りをサポートする、ゴルフピラティスインストラクターとして活躍中。 ネバダ州立大学公認ピラティス(マット&マシン)&ゴルフピラティス指導者、JAPICA公認マットピラティス指導者。

■メッセージ
ゴルフスイングのキーワードは体幹、肩甲骨、股関節。「ゴルフピラティス」で引っ張り合う力(拮抗筋)と柔軟性を高めて飛距離アップ!しなやかで美しいスイングを身につけて、楽しくゴルフを続けていきましょう!

■得意なジャンル
ゴルフピラティス、ピラティス、体幹トレーニング、腰痛・肩こり改善、姿勢改善、ボディメンテナンス、アンチエイジング

■実績
ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」
HP:http://golcore.com/

■Blog
ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』
http://blog.goo.ne.jp/moana787





pilates

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む