どこでもお腹のエクササイズ

2019/01/10

こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

ゴルフ場まで移動中の車や電車の中でできる簡単なお腹のエクササイズの紹介です。

スイング中にお腹を背中の方に引き寄せて、薄いお腹をキープするためのエクササイズです。座った姿勢でできるので、電車の中や運転中などにもできるおススメのエクササイズです。




◆お腹のストレッチ

1.イスに浅めに両脚をそろえて座ります。骨盤はニュートラルポジション。お腹の上に両手を置きます。

2.

息を吸ってはきながら、うなずき、お腹を覗き込みながらお腹を背中の方に引き寄せ薄いお腹を作ります。10回お腹を背中の方に引き寄せます。

3.

薄いお腹をキープしたまま、息を吸って吐きながら、胸を広げます。10回お腹を背中の方に引き寄せます。




◆ポイント

1.エクササイズ中、背骨を引き伸ばしておきましょう。

2. 息を吸って吐きながら骨盤底筋を引き上げると、おなかのスイッチが入りやすくなります。

3. お腹を背中の方に引き寄せるだけでなく、背中もお腹の方に引き寄せ、お腹と背中でサンドイッチするように行っていきましょう。

4. 10回お腹を背中の方に引き寄せるときは、ゆっくり10回、早く10回とおこなってみましょう。



アドレスをとった時に腰が反りやすい方には特に行ってほしいエクササイズです。いつでもどこでも、気が付いた時に10回。わざわざお腹のエクササイズを行わなくても、十分お腹のトレーニングになりますよ。



太田律子

ゴルフピラティス専用スタジオ「Golcore(ゴルコア)」代表。
都内を中心に、ゴルファーのためのカラダ作りをサポートする、ゴルフピラティスインストラクターとして活躍中。 ネバダ州立大学公認ピラティス(マット&マシン)&ゴルフピラティス指導者、JAPICA公認マットピラティス指導者。

■メッセージ
ゴルフスイングのキーワードは体幹、肩甲骨、股関節。「ゴルフピラティス」で引っ張り合う力(拮抗筋)と柔軟性を高めて飛距離アップ!しなやかで美しいスイングを身につけて、楽しくゴルフを続けていきましょう!

■得意なジャンル
ゴルフピラティス、ピラティス、体幹トレーニング、腰痛・肩こり改善、姿勢改善、ボディメンテナンス、アンチエイジング

■実績
ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」
HP:http://golcore.com/

■Blog
ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』
http://blog.goo.ne.jp/moana787





pilates

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む