肩と背中の緊張を和らげて安定スイング

2019/04/18

こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、
ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

肩や背中の緊張を和らげる、
ピラティスのエクササイズ「フィンガーウォーク」のご紹介です。

広背筋という背中の筋肉の緊張を和らげるエクササイズです。
肩周りの柔軟性アップにもおススメです。
スイング中、肘の角度を保つことが可能になりますので、
トップで肘が上がって脇があいてしまう方にもおススメです。




◆フィンガーウォーク

1. 両膝を立てて寝ます。骨盤はニュートラルポジション。
   両肘を曲げて、両手を耳の横にセットします。

2. 息を吸って、吐きながら、五本の指で歩きながら
  両手を頭の上まで伸ばします。

3. 息を吸って吐きながら指で歩きながら耳の横まで戻ります。
  5回繰り返します。




◆ポイント

1.エクササイズ中、両肘の幅が広がったり狭くなったりしないように、
  同じ幅をキープしましょう。

2.壁の前に立って、鏡を見ながら行うと、
  左右の動きを確認しながら行うことが可能になります。

3.左右の動きがバラバラにならないように、
  同じ早さで指を動かしていきましょう。

4.指を滑らせずに、5本の指を全て動かしながら移動しましょう。

5.肘が外に広がらないように気をつけましょう。

6.腕を伸ばした姿勢は腰が反りやすくなりますので、
  エクササイズ中、お腹は背中の方に引き寄せておきましょう。

肘が外に向かないように、肘を下に向けたまま、
両肘の幅をキープして行うと広背筋にしっかり効きます。
肩甲骨を安定させてスイングを行うことができるようになりますよ。




太田律子

ゴルフピラティス専用スタジオ「Golcore(ゴルコア)」代表。
都内を中心に、ゴルファーのためのカラダ作りをサポートする、ゴルフピラティスインストラクターとして活躍中。 ネバダ州立大学公認ピラティス(マット&マシン)&ゴルフピラティス指導者、JAPICA公認マットピラティス指導者。

■メッセージ
ゴルフスイングのキーワードは体幹、肩甲骨、股関節。「ゴルフピラティス」で引っ張り合う力(拮抗筋)と柔軟性を高めて飛距離アップ!しなやかで美しいスイングを身につけて、楽しくゴルフを続けていきましょう!

■得意なジャンル
ゴルフピラティス、ピラティス、体幹トレーニング、腰痛・肩こり改善、姿勢改善、ボディメンテナンス、アンチエイジング

■実績
ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」
HP:http://golcore.com/

■Blog
ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』
http://blog.goo.ne.jp/moana787





pilates

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む