• CURUCURUって?
  • よくある質問
上達
女性が安心して使える1人ゴルフ予約サービス

『目指せ!寄せワン女子』⑦ アプローチの距離感を高める『イメージ』作り

2017/11/16

CURUCURU読者ゴルファーのためだけに、様々なゴルフメディアで活躍している筒康博コーチが登場!「寄せワン女子」になるためのスコアアップ&上達レシピを様々な角度から提案してくれます。

「寄せワン女子」になるために欠かせないのが『距離感』。今までになかった方法を次々と紹介してくれる筒コーチですが、今回はどんな方法で『距離感』作りを紹介してくれるのでしょうか?



◆ピンに寄せる『イメージ』が大切!

実は『寄せワン女子』になるための『距離感』作りには、ピンまでの距離ピッタリに打つ練習は必要ありません。ラフやバンカー越えなど、毎回異なる状況で打たなければいけない難しいショットがアプローチ。皆さんが、前向きに臨める「イメージ」があるととっても便利なので紹介したいと思います。

「寄せワン」を成功させるために、腕時計型のGPS距離測定器GARMIN『AproachS60』をご紹介したのも、グリーン周りの状況を知るための「一つの方法・ツール」でした。

目指せ!寄せワン女子〜⑥:アプローチの『距離感は』どう作る? >



◆グリーンエッジを越えて、ピンに寄せる『イメージ』を持ってみよう!

アプローチショットの距離感をつかむ上で、まず何よりも必要なのは「グリーンエッジ」を越える距離を打つ事。ピンまでのトータル距離ではなく「キャリー」での距離です。キャリーとは、ファーストバウンドで落ちるまでの距離の事。

イラストは、ピンの位置に関係なくグリーンに落ちたボールが転がって寄る「イメージ」です。

例えば、ボールのある場所からグリーンエッジまで20ヤード、ピンまでは30ヤードのケースで説明します。「ちょうど良いピンまでの強さ」ばかり意識すると、「ちゃんと打たなきゃ」「強すぎないように」「ボールを上げなきゃ」など自分で処理しなければいけないことが多くなってしまい、弱すぎてグリーンに届かないミスも起きる可能性があります。

芝の状況や方向をクラブ選びと相談しながら、「キャリーで20ヤード越える」事が第一。グリーンは、おおよそ直径30〜40ヤードの円になっています。予定より大きくたってランで転がっても大トラブルになる事は滅多にありません。



◆簡単グリーンエッジ越えイメージ

写真は、アプローチ時にイメージして欲しい「越えるモノ=グリーンエッジ」を可視化するためにクラブを置いて打ってみた「練習風景」です。状況は深いラフです。すなわち「飛ばない」場所から打つので少し大きめに越えるイメージを持って打ってみました。

ここで知って欲しいのは、「ちゃんと越える事」を意識すると、一体どこにキャリーするのか?の『イメージ』が作れることです。



◆「越えるイメージ」に高さは不要

写真は、とにかく置いたクラブを「越える事」だけを考えて打ってもらった実際のアプローチです。当たり前ですが、実際には(置いた)クラブより、ずっと先にボールがキャリーします。
この写真だけ見ると、ピンのすぐそばにボールを打った「ように」見えます。しかし、実際には「越える」ことだけに専念してもらっただけです。

今回のテーマは

「グリーンに届かず」のミスを減らすことで寄せワンの確率はアップする

ということです。
なぜなら、アプローチの大きなミスの半分以上は「弱い」ことだからです。



◆恐怖の「バンカー越え」は克服できる!?

実は今回の「イメージ作り」は、アプローチの中でも恐怖の?「バンカー越え」の際にとっても有効な方法です。ラウンド中に起こりうる「バンカー越え」ですが、まずはグリーンに乗せることが先決。しかし、どのくらいの強さで打って良いのか?のイメージ作りが難しく、グリーン手前に見えるピンを意識しすぎてボールはバンカーへ……。これは、誰でも経験したことのある嫌な場面です。

しかし、ボールの高さを意識せずに「バンカーをちゃんと越える強さ」だけ考えて打てば、バンカーを越えた先にはグリーンがあります。

結果として大きなミスを回避しながら「寄せワン」のチャンスを作り出すことができるのです! ぜひ、皆さんが、この方法でやってみた感想を伺いたいです!

次回は、「距離感を作る練習法」です。




筒康博

ゴルフコーチ、クラブフィッター、クラフトマン、としてプロアマ問わず8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。数々のゴルフメディアに登場し、ゴルファーの悩みに答えている。フィリピン・セブ島「ウッドランド」ゴルフ場アンバサダーやゴルフパートナー大学院の校長など、活動は多岐に渡っている。

フィリピン・セブ島「WOODLANDS」
http://www.cebu-woodlands.com/

PCMサイト
http://www.golf-lab.jp/

イーデルゴルフジャパン
http://edelgolfjapan.com/





progress

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事.

【もっと上達したい方におすすめのサービス】.

他のカテゴリの記事を読む