目指せ!寄せワン女子〜その24『もうバンカーは怖くない!①』

2018/11/8

様々なメディアだけでなく、話題の「PCM Labo」や「インドアゴルフレンジKz亀戸店」でも活躍中の筒コーチが『寄せワン女子』を目指すCURUCURU読者のためだけに【スコアアップ&上達レシピ】を様々な角度から提案してくれます。
今回は、女性ゴルファーに悩みの多いバンカーショットをカンタンに解説&解決してくれます!

いつもCURUCURU「目指せ!寄せワン女子」連載をご覧いただき本当にありがとうございます!
今回は、いよいよ「バンカーショット」を取り上げたいと思います!是非ご参考くださいませ。



◆腕力のある男性には理解してもらえない!?

「とにかくダフれば出るじゃん!」と思っている男性ゴルファーのバンカーショットに対するイメージは、女性ゴルファーの皆さんにとって全く理解できないのでは?と思います。
 グリーン周りのバンカーショット時には「砂の抵抗」がかかります。女性ゴルファーにとって「腕力頼り」では脱出できないグリーン周りのバンカーは、やっぱりハザード(障害)と考えてなるべくなら入れない事をオススメします。。。


目指せ!寄せワン女子~ 1:リスペクトするメンタル https://www.curucuru.jp/motegol/progress/10612

とはいえ、「入れたくない」と思うほど入れてしまった経験をした方も多いのでは?
 実は、バンカーショットに入れない一番のコツは「一回で出せる自信を持つ」事です。不思議な話ですが「入っても大丈夫」な精神状態になると、ラウンド中にバンカーに入るトラブルが圧倒的に減るものなんです。つくづくゴルフってメンタルなスポーツだと思います。




◆サンドウェッジは「高さ」が出るクラブ

 

バンカーショットでプレッシャーを与えるのは、迫り来る「アゴの高さ」。ついつい【高く上げないと越えない】キモチと、「フェースを開きなさい」「カットに打ちなさい」などの情報がたくさん頭をよぎると思います。
 サンドウェッジというクラブは、もともと打ち出す高さが一番出るようにロフト角度が付いています。よほどのケースでない限りは、クラブが持つ性能以上に高く打ち出す必要はないって知ってましたか?




◆砂を打ったのにボールが出ないのはナゼ?

 

バンカーショットが「特殊なショット」と呼ばれる一番の理由は、「ボールを直接打ってはいけない」つまり手前の砂を打たなければいけない事です。
「◯センチ手前を打つ!」と決めて打ったはずなのに、1回でバンカーから出ないのはナゼ?という経験はありませんか?
 結論から言うと、バンカーにあるボールは【砂のカーペット】に乗った状態。このカーペットが「どこまで飛ぶか?」で、その上に乗ったボールの勢いが決まります。  まず1回でバンカーから脱出するには、「砂が遠くに飛ぶこと」を心がけてみてください。




◆砂を飛ばせばボールも飛ぶ!

女性ゴルファーのみなさんにとって障害であるバンカーショットの目的は、とにかく脱出することです。そのための手段は「砂を飛ばせるようになること」です。腕力のある男性ゴルファーの場合は、結果的に出来ている人が多いので「手前を打振れば良いじゃん」と簡単に言いますが。。。。
 次回は更に「寄せワン女子」を目指すみなさんが実践できる【具体的なレシピ】をご紹介します。




次回は、「もうバンカーは怖くない!②」です




筒康博

プロアマ問わず8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。フィリピン・セブ島「LILOAN GOLF」アンバサダーや『PCMアカデミー』セミナー講師など、活動は多岐に渡っている。総合コーチを務める『PCM Labo』では、個々のゴルファーの悩みにも応えてくれる。

フィリピン・セブ『LILOAN GOLF』ウェブサイト
http://liloangolfclub.com

『PCM Labo』サイト
http://www.golf-lab.com/

イーデルゴルフジャパン
http://edelgolfjapan.com/





progress

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む

もっと上達したい方におすすめのコンテンツ

  • 悩める女子のゴルフクラブガイド
  • タイプ別・おすすめゴルフクラブはこれ!あなたにピッタリのクラブをお探しします!
  • ゴルフクラブであなたが一番重視する部分はどこ?チャートを参考に、自分にピッタリのクラブを見つけよう♪
  • トレーニングから打ち方、ゴルフクラブまで飛距離を伸ばすノウハウ満載