目指せ!寄せワン女子〜その25『もうバンカーは怖くない!③』

2018/12/6

様々なメディアだけでなく、話題の「PCM Labo」や「インドアゴルフレンジKz亀戸店」でも活躍中の筒コーチが『寄せワン女子』を目指すCURUCURU読者のためだけに【スコアアップ&上達レシピ】を様々な角度から提案してくれます。
今回は、女性ゴルファーに悩みの多いバンカーショットをカンタンに解説&解決してくれます!

いつもCURUCURU「目指せ!寄せワン女子」連載をご覧いただき本当にありがとうございます!
今回は、「寄せワン女子」のためのバンカーショット術をご紹介します。ご参考下さいませ。



◆砂の【飛びすぎ】はOK!

バンカーショットが難しい理由の一つが「未知なこと」が多いことです。
バンカーの「固さ」や「深さ」はシューズを潜らせてみると、ある程度は経験でわかると思います。でも「ボールの何センチ手前」など、思った通りに出来るかどうか?は打ってみないとわかりません。ピッタリ寄るのは「結果論」と割り切って、「とにかく一発脱出」を最優先に考えましょう。
このように伝えるのには実は意味があります。「バックスイングはこのくらい」などの細かいスイングを考えすぎると、「砂を飛ばす」バンカーショットの基本を忘れてしまわないようにしてほしいからです。




◆砂を飛ばす「加速」イメージ

 

砂をきちんと飛ばす「一発脱出」のためには、ボールの下にある「じゅうたん」を振り切って飛ばす意識が必要になります。
最大のコツは、ボールの先の【出口】をイメージして振り切ることです。「ボールを直接打つのはNG」なだけで、『手前ならだいたいでOK』です。それよりも大事なことは、女性のパワーでも砂を飛ばせるための【深さ=量】。ボールの先をイメージすることで、深すぎて飛ばなくなることを防いでくれます。




◆飛距離を決めるのはスイング幅じゃない!?

特に女性ゴルファーの皆さんがバンカーショットを打つ場合、飛びすぎを警戒しすぎてスイングが中途半端になると脱出が難しくなります。
写真のフィニッシュを見て「大きい」と感じたかもしれませんが、登っているバンカーから脱出するには「砂を高く飛ばす」必要があります。仮にグリーンを大きくオーバーしたとしても、もう一度ここからバンカーショットを打つよりはずっと簡単です。
腕力のある男性ゴルファーの皆さんは、「とにかく深く打ち込む」だけで砂を飛ばすことができますが女性ゴルファーの皆さんにはオススメしません。




◆飛ぶ「砂の量」を決めるソール後方バウンス

毎回状況が違うバンカーショットを成功することは、本当に難しいことです。
ここはクラブの性能に任せる方が得策です。
写真のMIRAI GOLF「ダブルバウンスウェッジ」は、真ん中部分が砂を取りながら両サイド部分は砂に当たって跳ねるように作られている優れものカスタムウェッジ。【ちょうど良い】砂を飛ばしてくれます。




次回は、「もうバンカーは怖くない!④」です




筒康博

プロアマ問わず8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。フィリピン・セブ島「LILOAN GOLF」アンバサダーや『PCMアカデミー』セミナー講師など、活動は多岐に渡っている。総合コーチを務める『PCM Labo』では、個々のゴルファーの悩みにも応えてくれる。

フィリピン・セブ『LILOAN GOLF』ウェブサイト
http://liloangolfclub.com

『PCM Labo』サイト
http://www.golf-lab.com/

イーデルゴルフジャパン
http://edelgolfjapan.com/





progress

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む

もっと上達したい方におすすめのコンテンツ

  • 悩める女子のゴルフクラブガイド
  • タイプ別・おすすめゴルフクラブはこれ!あなたにピッタリのクラブをお探しします!
  • ゴルフクラブであなたが一番重視する部分はどこ?チャートを参考に、自分にピッタリのクラブを見つけよう♪
  • トレーニングから打ち方、ゴルフクラブまで飛距離を伸ばすノウハウ満載