目指せ!寄せワン女子〜その31~『冬だからこそアプローチを磨く②』

2019/02/28

様々なメディアをはじめ、話題のゴルフスタジオ「PCMラボ」や「インドアゴルフレンジKz亀戸店」でも活躍中の筒コーチが『寄せワン女子』を目指すCURUCURU読者のためだけに【スコアアップ&上達レシピ】を様々な角度から提案してくれます。

今回は、「冬ゴルフが楽しくなる」レシピを紹介してくれます!


いつもご覧いただき本当にありがとうございます!

前回に引き続き、「冬だからこそ」の寄せワン術をご紹介します。
2019年からは今まで難しかったR&Aルールも変更され、ラウンドの進行が快適になる(プレーファースト)ためにシンプルになりました。
是非ご参考くださいませ。



◆練習場では打ったボールの高さにこだわらない

練習場の「レンジボール」は、コースボールと弾道が全く違うってご存知でしたか?

上の写真は、女性ゴルファーのテスターの方にキャロウェイゴルフ『スーパーソフトMAGNA』(3月発売予定)と一般的なレンジボールを30ヤードのアプローチで打ち比べてもらったものです。

同じ当たりなのに、キャロウェイゴルフ『スーパーソフトMAGNA』はこんなにボールが高く上がりました!

レンジボールを使用している練習場では、ダフリorトップの傾向と振り幅のチェックに留めておきましょう。



◆ヘッドアップとインパクトをいっぺんにチェック

写真は『楽飛グッズ』という最新の簡単練習グッズ。
01〜【軸ブレチェッカー】は帽子のツバにつけて打つだけで、頭のブレがわかってしまう優れもの。
実際にやってみると、「手の通り道」も矯正することが分かりました!

デザインも可愛くて、3つのボールも軽くコスパもGOOD。
アプローチやパターなどの「小さな動き」でチェックがオススメです。




◆分を客観できる

同じく『楽飛グッズ』の、02〜【脇締めチェッカー】、03〜【アドレスチェッカー】は、それぞれよく使われる「脇を締めて」や「ボールの位置は…」の言葉はなく、今の自分を確認できる練習グッズ。
試してもらうと「思ってたのと違った」ギャップに気付かせてくれます。



◆方向よりトータル距離をチェック

冬場のアプローチは、芝の状態が不安定。
うまく打てないこの時期だからこそ「この当たりなら転がりはこのくらい」など【想像するスキル】を磨きましょう。

練習場ではちゃんと打つ事よりも、「トップすると○ヤードは転がる」や「ダフると○割しか飛ばない」などのギャップの確認を。

理想は「地面に落ちるまでのキャリー」を掴む事ですが、まずは「この振り幅だとトータル○ヤード」くらいのイメージを掴むだけでも、コースでのマネージメント力はアップします。

次回は、「冬だからパターも磨く①」です。





筒康博

プロアマ問わず8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。
フィリピン・セブ島「LILOAN GOLF」アンバサダーや『PCMアカデミー』セミナー講師など、活動は多岐に渡っている。
また、『PCM Labo』『インドアゴルフレンジKz』では、個々のゴルファーの悩みにも応えてくれる。

『PCM Labo』サイト
http://www.golf-lab.com/

フィリピン・セブ『LILOAN GOLF』ウェブサイト
http://liloangolfclub.com

インドアゴルフレンジKz(ケーズ)亀戸店
http://kz-golf.tokyo





progress

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む

もっと上達したい方におすすめのコンテンツ

  • 悩める女子のゴルフクラブガイド
  • タイプ別・おすすめゴルフクラブはこれ!あなたにピッタリのクラブをお探しします!
  • ゴルフクラブであなたが一番重視する部分はどこ?チャートを参考に、自分にピッタリのクラブを見つけよう♪
  • トレーニングから打ち方、ゴルフクラブまで飛距離を伸ばすノウハウ満載