目指せ!寄せワン女子〜その32~『パターも磨く①』

2019/02/28

様々なメディアをはじめ、話題のゴルフスタジオ「PCMラボ」や「インドアゴルフレンジKz亀戸店」でも活躍中の筒コーチが『寄せワン女子』を目指すCURUCURU読者のためだけに【スコアアップ&上達レシピ】を様々な角度から提案してくれます。

今回は、春にむけて「ゴルフが楽しくなる」レシピを紹介してくれます!


いつもご覧いただき本当にありがとうございます!

今回は、インドアでもできる『パターの距離感UP』レシピご紹介します。
「ゴミ箱にポンと投げるように」パターを打ちたい!と思っているのに。。。な方なら参考になると思います。

ちなみに貴女は手でボールを転がす際
A:大きな動きの割には「トロトロ」と弱く転がすタイプ
B:ついつい勢いよく「ビュン!」と転がしちゃうタイプ
どちらのタイプですか?



◆パターを「転がす」姿勢作り〜タイプ①

「パターの打ち方」自体は人それぞれですが、【転がす準備】という点で考えた場合は『自分に合っている』姿勢作りが必要です。

上の写真は、一般的なパターの姿勢です。ポイントは、たったの2つです。

①『両手でバランスをとりながら転がす』イメージが自分に合っているなら、【アプローチする】時に似たグリップ。
② 『カラダの中心に両手を置くと手打ちになりにくい』ので、【ボールを上から見る】姿勢に。

腕の曲げ具合やカラダのかがみ具合は、「十人十色」で結構です。



◆パターを「転がす」姿勢作り〜タイプ②

上の写真は、僕のパターの姿勢です。

現在は少ないクラシックスタイルですが、こちらは「右利き手を活かしたい」人には合うかもしれません。

① 『右手で転がすイメージが自分に合っている』ので、【右手のひらが転がすイメージが出る】ようにグリップ。
② 『カラダの中心より左に両手を置くとスムースに右手が動く』ので、【ボールを横から見る】姿勢になった。

パターでとにかく重要なのは、『距離感』。形は「自分に合っている」ことを最優先させてください。




◆タッチはボールが転がるイメージと相談

ココで最初の質問に対する「傾向」診断です。

A:大きな動きの割には「トロトロ」と弱く転がすタイプの方なら、上の写真のように【ボールが同じスピードで転がるイメージ】を持った方が距離感が合いやすいと思います。
周りの人から「大きく動き過ぎじゃない?」と言われたら、下半身の固定だけ心がけておけば気にしなくてもOKです。

B:ついつい勢いよく「ビュン!」と転がしちゃうタイプの方なら、下の写真のように【だんだんボールのスピードが減速するイメージ】を持ってタッチを決めていきましょう。

周りの人から「強い!」と言われたのに、結果はちょうど良かった経験を持っている方はBタイプの可能性があります。



◆パターが「重い」のはメリット

パターを選ぶ際、距離感に特に大きな影響があるのが「重さ」です。

女性ゴルファーの皆さんを見ていると、パターが軽過ぎて(短過ぎての人もいます)距離感がバラバラな傾向の方が多い気がします。
最近のパターは、同じヘッドの形から重さを選べるものや、重さの配分を工夫したものなど「振りやすさを選べる」モデルが沢山あります。
まずはショップで「重いパター」を試打してみましょう。
理屈ではなく、「転がしやすいかも?」くらいのテンションで気楽に試してみて下さい。

もう一つ。
女性が重いパターを使うメリットがあります!それは、ラウンド時に次のホールのドライバーが軽く感じて『振り切りやすくなる』ことです。

次回は、「パターも磨く②」です。





筒康博

プロアマ問わず8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。
フィリピン・セブ島「LILOAN GOLF」アンバサダーや『PCMアカデミー』セミナー講師など、活動は多岐に渡っている。
また、『PCM Labo』『インドアゴルフレンジKz』では、個々のゴルファーの悩みにも応えてくれる。

『PCM Labo』サイト
http://www.golf-lab.com/

フィリピン・セブ『LILOAN GOLF』ウェブサイト
http://liloangolfclub.com

インドアゴルフレンジKz(ケーズ)亀戸店
http://kz-golf.tokyo





progress

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む

もっと上達したい方におすすめのコンテンツ

  • 悩める女子のゴルフクラブガイド
  • タイプ別・おすすめゴルフクラブはこれ!あなたにピッタリのクラブをお探しします!
  • ゴルフクラブであなたが一番重視する部分はどこ?チャートを参考に、自分にピッタリのクラブを見つけよう♪
  • トレーニングから打ち方、ゴルフクラブまで飛距離を伸ばすノウハウ満載