1番気になるマナー違反「スロープレー」

2014/07/22

「前の組と間が空いてしまった・・・」
「後の組がすぐに近づいてくる・・・」

なんて経験ありませんか?

経験のある人は、スロープレーになっていたかもしれません。。。

スロープレーとは その名の通り、ラウンドのスピードが遅い事です。
ゴルフ場によって異なりますが、ハーフ(9H)の標準ラウンド時間は2時間15分~2時間半
なので、その時間を超えると「スロープレー」と判断されます。

スロープレーは、一番気になるマナー違反 といわれています。
実際にCURUCURUユーザー約1000人に行ったアンケートでは・・・・




CURUCURUユーザー大アンケート2013 (複数回答あり)

3人に2人が、「スロープレーをよく目にする」と答えており、飛び抜けて多くなっています。

最近ではプロの世界でも 同伴プレーヤーにスロープレーを指摘される といった
ニュースもありました。
「スロープレー」全ゴルファーが心掛けるべき、大切なマナーの1つです。

では、自分自身が スロープレーヤーにならないために、どんな対策ができるのでしょうか?

たまひよ ゴルファーさんは もちろん、ベテランゴルファーさんもいま一度 自分のプレーを
振り返りながらチェックしてみましょう!

◆とにかく、時間をかけすぎない!!

自分のラウンド風景を思い浮かべてみてください。

  □何回も素振りをする 
  □グリーン上でのんびりとラインを読む
  □走らずゆっくり歩いている

上記の項目が当てはまる人は、「スロープレーヤー」の可能性 大です!

もちろん、この3つ以外にも、スロープレーの要因はあります。

  □予備のボールを準備していない
  □見つからないボールをいつまでも探している
  □ティーショットの準備をしていない

・・・などなど、例をあげればたくさん出てきます。

それら全てに共通して言えることは・・・
『ボールを打つまでに時間がかかっている』ということです。

◆「素早く、丁寧に!」が ゴルフでは大切!

スロープレーにならないために

  □他の人を待っている間に、番手選び・ライン読み
  □次の地点への移動は、カート移動・早歩き
  □クラブは数本持って行動
  □ボールなどは多めにポケットに入れておく

など、基本といわれていることですが、改めて意識をしてラウンドしてみましょう!

とはいえ、焦ってショットを打って失敗したら本末転倒ですし、ラウンドも楽しくなくなりますよね。

「移動やライン読みは素早く、アドレスやショットは、丁寧におちついて」を心がけて
自分も、周りもHAPPYなラウンドにしましょう!

manner

今週の新着記事

このカテゴリの過去の記事

他のカテゴリの記事を読む